売却体験者の「生の声」を一挙公開! 先輩に学ぶ!売却体験者の失敗ポイント・成功ポイント [POINT2] 「売出価格の設定」編

不動産会社を決めて、媒介契約をかわしたら、いよいよ売却活動スタートです。
売出価格はいくらにする? 値下げが必要? 気になるお金の失敗談・成功談をご紹介します。

  •  [POINT1]「会社選び」編
  •  [POINT2]「売り出し価格の設定」編
  •  [POINT3]「内覧」編
  •  [POINT4]「引き渡し・引っ越し」編

初回の売出価格設定について

まずはいくらで売出を開始するか、不動産会社のプロのアドバイスを参考に設定します。後悔しない売出価格の決め方とは!?

失敗談

初回提示価格が高すぎて、全く内覧希望がなく、1ヵ月後に200万下げた。最初からその金額にしとけばよかったかも。

(2012年12月売却成立 Oさん 男性)

失敗談

築年にしては、最初の希望売却価格を高く設定してしまい、ネット検索のヒットが少なかった。

(2013年3月売却成立 Kさん 女性)

成功談

住宅販売の繁忙期であったため、当初高く設定したものの、最終的に自分が想定していた価格に落ち着いた。

(2013年4月売却成立 Yさん 男性)

初回の売出価格設定の成功術

初回に設定する売出価格で、“失敗“”成功”を感じる方が多いようです。しかし、いつまでに売却する必要があるか、スケジュールを事前に立てておけば、後悔することが少なくなります。

時間に余裕がある場合、希望の価格で買ってくれる人が現れるまで余裕を持って待つことができます。逆に、引越し時期やお金の都合で、期限がある場合は、最初の価格設定を相場通りに設定したり、途中で値引きをするなどして、時間と相談しながら決断していくことになります。
「最初は価格を高めに設定してチャレンジするが、1か月待って、反応が悪いようだったら値引きをする」などのスケジュールを立てておくと、初回に設定した価格について後悔することは少なくなるでしょう。

イラスト

売却を決めるタイミング

売却活動が始まると、購入希望者の紹介を受けます。希望価格より安くても早く売るか、希望価格で購入してくれる人を待つか、難しい決断に迫られます。先輩達はどのように決断したのか?体験談を参考にしましょう。

失敗談

次の買い手が現れるか不安を感じ、結果希望価格より下で手を打つことになった。

(2012年12月売却成立 Oさん 男性)

成功談

早い段階で想定価格以下の売却の話もあったが、自ら定めた設定価格に対して妥協しすぎるのではなく、ある程度最後まで意思を持って進められたことが、ほぼ希望価格での成約にこぎつけられた。

(2013年6月売却成立 Yさん 女性)

売却を決めるタイミングの成功術

購入希望者がたとえ複数いたとしても、一度にまとめて現れるわけではありません。そのため、どのタイミングで、どの価格で売却を決断するか、難しい問題です。

ここでもやはり、想定範囲内であるかどうかで、後悔するかしないかが変わります。売却活動を始める前に、いくらまで価格を下げても良いか、いつまでだったら待てるのか、価格とスケジュールの最低ラインを想定しておきましょう。自分の中でスケジュール期限を持つことで、余裕をもって売却活動を進めることができます。
また、不動産会社の担当者に随時相談することがとても大切です。売却に成功した先輩達は、不動産会社からのアドバイスによって、売却の決断や値下げの決断をした方が多いようです。

イラスト

やっぱりプロは違う!不動産会社のアドバイスについての感想

売却価格の設定、値引きのタイミングなどを教えてくれた。

(2012年12月売却成立 Oさん 男性)

価格設定や市場の動き等全体を勘案し(踏まえて)、アドバイスくれた。

(2013年6月売却成立 Kさん 男性) 

どうすればよいか迷ったら、気兼ねなく不動産会社担当者に相談しましょう。

>>次のページでは「内覧編」を紹介します

お役立ちコンテンツ一覧
不動産売却にかかる諸費用

不動産売却にかかる諸費用

不動産売却額=手取り額ではありません。仲介手数料など、代表的な諸費用をご紹介。

不動産売却にかかる税金

不動産売却にかかる税金

譲渡所得税など、売却時に課税される主な税金をご紹介。事前にしっかりチェック!

不動産売却の失敗談・成功談

不動産売却の失敗談・成功談

売却体験者の「生の声」を一挙公開!事前に対策をシッカリ学び、不動産売却成功の道へ!

訪問査定なら、高く・早く売れる?

訪問査定なら、高く・早く売れる?

訪問査定は、なぜ、高く・早く売れるのか?訪問査定のメリットをご紹介します。

  • 不動産売却の流れ
  • 売却成功の秘訣
  • よくあるご質問