マンション売却・不動産売却 > 不動産売却のお役立ち情報 > よくあるご質問 > 相続の場合、売却のタイミングは、相続前と相続後、どちらが良いですか?

よくあるご質問トップページ

相続の場合、売却のタイミングは、相続前と相続後、どちらが良いですか?

相続後、3年以内に売却することをおすすめします。

「相続税の取得費加算の特例」という制度があり、これは、相続により取得した土地、建物などを、相続税の申告期限の翌日以後3年以内に譲渡した場合には、相続税額のうち一定金額を譲渡資産の取得費に加算することができるというものです。つまり、納めた相続税を不動産を売った際の経費(取得費)として認めるという制度です。この制度により、相続後3年以内であれば、相続前より相続後に売却した方が税金がお得になります。

売却するタイミング、相続した不動産により税金が異なりますので、詳しくは不動産会社に相談すると良いでしょう。

よくあるご質問トップページ

よくあるご質問一覧
お役立ちコンテンツ一覧
不動産売却にかかる諸費用

不動産売却にかかる諸費用

不動産売却額=手取り額ではありません。仲介手数料など、代表的な諸費用をご紹介。

不動産売却にかかる税金

不動産売却にかかる税金

譲渡所得税など、売却時に課税される主な税金をご紹介。事前にしっかりチェック!

不動産売却の失敗談・成功談

不動産売却の失敗談・成功談

売却体験者の「生の声」を一挙公開!事前に対策をシッカリ学び、不動産売却成功の道へ!

訪問査定なら、高く・早く売れる?

訪問査定なら、高く・早く売れる?

訪問査定は、なぜ、高く・早く売れるのか?訪問査定のメリットをご紹介します。

  • 不動産売却の流れ
  • 売却成功の秘訣
  • よくあるご質問