不動産会社を探す

不動産査定は、本当に無料ですか?

不動産のご売却を検討される方の査定に関しては、無料で査定依頼サービスをご利用いただけます。 ぜひお気軽に、査定依頼サービスをご利用ください。

簡易査定と訪問査定の違いは?

簡易査定と訪問査定の特徴は、以下の通りです。

  • 簡易査定
  • 机上査定といわれるデータで算出する査定方法です。
    算出根拠は、過去の実績や、現在売り出されている類似の物件の価格、市況の動向などから各不動産会社の経験値を元に算出されます。 物件を見て査定するわけではないため、実際の不動産価格と誤差が生じる場合があります。
  • 訪問査定
  • 正確な査定価格が分かる査定方法です。
    不動産会社が、実際の物件を見てより正確な査定価格を算出する方法です。 不動産会社は、物件だけでなく周辺環境や登記簿などの情報もあわせて正確な査定価格を算出します。 また、不動産会社の担当者と面と向かって話すことができるため、疑問や不安を相談することもできます。
本人名義以外の不動産を査定依頼できますか?

不動産の名義人の方以外に、ご依頼の不動産を売買する権利をもつ方か、依頼を受けている人は可能です。詳しくは不動産会社へご相談ください。

査定価格は、どのように決めるんですか?

査定時には不動産そのものの情報に加え、近隣環境や建設予定など、様々な項目を調査した上で金額を算出します。この算出する方法も不動産会社によって異なるため、査定金額はそれぞれ異なります。 査定金額が高い安いだけでなく、その金額に至った理由を確認することが大切になります。

査定価格で売り出さないといけないですか?

必ずしも査定価格で売り出す必要はありません。
査定価格は、不動産会社が物件を評価し、周辺の相場や長年蓄えノウハウをもとに適正と思われる価格を算出しています。査定価格を大きく上回る金額で売りに出されると、売れるまでに長い期間を要し、結局査定金額を下回る額でしか売れなかったというケースもあります。逆に、売却までの期間に特にこだわりがない場合は、売り出し価格を高めに設定して反応を見ながら、価格を調整していく方法もあります。
最終的には、お客様ご本人が売り出し価格を決めることになりますので、不動産会社によく相談の上決められることをお勧めします。

不動産会社との打ち合わせ時に用意するものはありますか?

所有不動産の詳細が分かるものを準備すると、打合せがスムーズに進みます。
1.権利証(担当者が、所有不動産の面積や名義人を確認するために必要です)
2.分譲時のパンフレット
3.土地の測量図面や建物の図面など
査定依頼の際に必要なもの、あると便利なものはこちらのページでご説明しています

不動産会社の選定ポイントは?

査定する不動産会社の担当者の知識の豊富さや、提示金額、取扱実績などを加味して選定することをおすすめします。適切な価格を出してくれ、親身に対応してくれる不動産会社を選びましょう。

よくある質問「不動産の査定について」

不動産一括査定サイト「IELICO(イエリコ)」のご利用にあたり、お客様から寄せられる「よくある質問」の「不動産の査定について」をご覧いただけます。