不動産会社を探す

仲介手数料はいくらですか?

宅地建物取引業法により、不動産の購入・売却時の不動産会社の仲介手数料(媒介手数料)は下記が上限として定められています。

  • 取引物件価格(税抜)が200万円以下
  • 取引物件価格(税抜)×5%+消費税
  • 取引物件価格(税抜)が200万円~400万円以下
  • 取引物件価格(税抜)×4%+2万円+消費税
  • 取引物件価格(税抜)が400万円超
  • 取引物件価格(税抜)×3%+6万円+消費税

不動産取り引きの仲介では、売買契約が成立した時に、不動産会社への仲介手数料を支払います。そのため、売買契約が成立するまでは原則として、不動産会社に仲介手数料を支払う必要はありません。

売れなかった場合、費用はかかるのでしょうか?

基本的に、費用は発生しません。
買い手が見つからなかった場合、手数料等は掛かりませんが、媒介契約締結後に契約内容に反した形で売却を取り下げる場合、手数料がかかる場合があります。不動産会社との媒介契約時に契約書内容を確認してください。

売却代金はいつもらえますか?

売却代金は売買契約時と引渡し時の2回に分けて支払われるケースが一般的です。
内訳は、一般的に契約時5~10%位、引渡し時に残りが支払われます。契約から引渡しまでの期間は、不動産会社が、売主と買主の間に入り、調整します。詳しくは、不動産会社にお問い合わせください。

売却する時に必要な諸費用はどんなものがありますか?

売却の際の諸費用の額は、売却する不動産により異なります。主な内容は以下のとおりです。

  1. 譲渡所得税・住民税(売却して利益が出る場合)
    ※各種、優遇税制があります。詳細は担当者に聞いてみましょう。
  2. 仲介手数料
  3. 印紙代(売買契約書に貼付する印紙です)
  4. 住宅ローン返済関連(抵当権抹消費用・司法書士手数料など)

不動産売却のときにかかる税金については、こちらのページで詳しく説明しています。

売却した年の固定資産税ってどうなるんですか?

固定資産税は、その年の1月1日現在の所有者に課税されます。
そのため、売却後も翌年に納税通知書が届くケースがあります。納税通知書に記載された金額は、引渡し日を基準として日割り計算された金額を事前に買主からもらい、売主が納付する必要があります。

売却した場合、確定申告が必要と聞いたのですが?

売却した年の翌年の3月15日までに、確定申告をする必要があります。
通常、年末調整で会社を通して納税している方も確定申告が必要となりますので注意が必要です。申告手続きは税理士に依頼することもできますが、ご本人でも十分可能です。
各税務署では、申告書の書き方についての無料相談を実施していますので、利用すると良いでしょう。
不動産売却したときの確定申告については、こちらのページで詳しく説明しています。

よくある質問「費用やお金について」

不動産一括査定サイト「IELICO(イエリコ)」のご利用にあたり、お客様から寄せられる「よくある質問」の「費用やお金について」をご覧いただけます。