IELICO イエリコ 家を利口に売る

不動産売却は会社の選び方で決まる!大事な3つのポイント

公開日:2022.01.18 最終更新日:2022.06.30

このページをシェアする
不動産売却は会社の選び方で決まる!大事な3つのポイント

不動産の売却を成功させるには、仲介業務を任せることになる不動産会社の選び方が何よりも重要です。不動産会社の力量次第で、同じ物件であっても売却価格に違いが出てきますし、スムーズな売却につなげられるかも変わってくるでしょう。

しかし、やみくもに良い会社を探そうとしても、時間や手間ばかりがかかってしまいます。

この記事では、信頼できる不動産会社を選ぶ上で重要になるポイントを詳しく解説します。

売却を考えているけど、難しい話をたくさん読むのは苦手」「すぐに売却したい」という方は、この記事をざっくりと大枠で押さえた上で、まずは「IELICO(イエリコ)」を使って複数の不動産会社にまとめて売却査定を依頼してみることをおススメします。

NTTデータグループが運営する「IELICO(イエリコ)」は、全国規模の大手企業から、実績豊富な地域密着型の企業まで、全国約1,800社と提携しています。複数の優良企業から査定価格をまとめて取り寄せることができるので、1社1社、自ら不動産会社を探して依頼する必要がありません。複数の企業を比較できるから、あなたの不動産を高く売ってくれる会社が見つかります

ぜひ比較して、信頼できる、最適な不動産会社を見つけてください。

1.信頼できる不動産会社の選び方

信頼できる不動産会社の選び方

不動産の売却は一定の期間を必要とするため、信頼できる不動産会社を選ぶことが重要です。提案内容や専門性、囲い込みの有無などをチェックして、選ぶときの基本的な基準について確認しておきましょう。

1-1.複数の不動産会社の提案を比較して信頼できる会社を選ぶ

信頼できる不動産会社を見つけるためには、複数の会社を比較することが大切です。なぜなら1社だけの提案を聞いても、それが妥当な提案内容であるかの判断がつかないからです。

不動産会社を比較するのが大切な理由として、次の4つの点が挙げられます。

  • 査定額を比較できる。
  • 価格以外の提案内容を比較できる。
  • 担当者の対応を比較できる。
  • 囲い込みを避けられる。

1-1-1.査定額を比較できる

複数の会社に物件の査定を行ってもらうことで、査定額を比較することが可能です。会社によってそれぞれ得意分野や実績が異なり、査定額にも違いが出てきます。

数社の査定額を見比べてみることで、物件の大まかな価値を把握することにもつながるでしょう。

1-1-2.価格以外の提案内容を比較できる

不動産会社から送られてくる査定書には、査定額だけでなく売り出し価格の目安や類似する物件の取引実績などが記載されています。

どのような形で売却を進めていくかの判断材料になるはずです。

1-1-3.担当者の対応を比較できる

査定書に記載されている内容に不明な点があったり、詳しく知りたい部分があったりしたときは不動産会社の担当者に直接尋ねてみましょう。

どのような方向性で売却活動を進めていくのかの提案を受けることで、価格以外の部分でも比較することができます。

1-1-4.囲い込みを避けられる

一部の不動産会社では囲い込みが行われている場合があるので注意が必要です。囲い込みとは、不動産会社が物件を囲い込んで両手仲介を行うことを指します。

両手仲介は不動産会社が、売り主と買い主の両方を仲介する取引方法です。両方の仲介を行うと利益相反につながる恐れがあます。物件を他の会社に取り扱わせないように動くことがあるため、売却までに時間がかかるケースがあります。

一方、売り主と買い主の依頼先が異なる場合を片手仲介と言います。片手仲介のほうが、依頼主のために利益になるよう動いてくれる場合が多く、売却もスムーズに進むケースが多いでしょう。

囲い込みの有無は表面的には分かりづらいため、気になる場合は契約を結ぶ際に担当者に直接確認することが大切です。担当者の対応を見て、信頼できる不動産会社であるかを見極めてみましょう。

しかし、個別に不動産会社を探そうとしても、時間や手間ばかりがかかってしまい時間や手間がかかってしまう恐れがあります。不動産の一括査定サービスを利用すれば、Webを通じて複数の会社に査定依頼を申し込むことが可能です。

会社同士を比較するサービスとして優れているので、まずは一括査定サービスを利用して、自分に合った不動産会社を見つけてみましょう。

1-2.売りたい物件の売却に強い不動産会社を選ぶ

一口に不動産会社と言っても、不動産の売買を得意とする会社や賃貸・管理などを得意とする会社などさまざまあります。不動産の売却をスムーズに進めるには、同様の物件で成約実績が豊富な会社を選んでみましょう。

対象となるエリアで、すでに多くの実績がある不動産会社であれば、独自のノウハウやネットワークを構築しており、円滑に売却活動を進めてもらえる可能性が高くなります。会社の公式サイトやパンフレットなどをチェックするとともに、査定依頼を通じて実力のある会社であるかを見極めてみてください。

2.不動産売却で不動産会社選びが重要な理由

不動産売却で不動産会社選びが重要な理由

不動産会社の選び方一つで、最終的な売却結果は違ってきます。ここでは、不動産売却において会社選びが重要である理由を見ていきましょう。

  • Webだけで得られない情報やアドバイスを受けられる。
  • 仲介手数料が会社によって異なる。
  • 会社選びで最終的な成果が違ってくる。

2-1.Webだけで得られない情報やアドバイスを受けられる

不動産会社がWebを通じて提供している物件情報は、REINS(レインズ)と呼ばれる共通の不動産情報システムを使っているので、情報量自体にあまり差はありません。しかし、良い不動産会社を選べば、Webには掲載されていない独自の情報やアドバイスを得ることができます。

地域固有の情報や相場感、高く売却するためのアドバイスや契約に向けた必要な準備などの情報は、不動産会社の実力によって大きな差が出てくるものです。不動産取引において何でも相談できる心強いパートナーとなってくれる会社を選べば、安心して不動産の売却を進められるでしょう。

2-2.仲介手数料が会社によって異なる

不動産の売却では不動産会社に仲介業務を任せることになるので、売買契約が成立したときには仲介手数料を支払う必要があります。宅建業法によって上限額は決められていますが、 会社によって仲介手数料の金額は異なるので注意しておきましょう。

不動産を売却する際にかかる諸費用のなかでも、仲介手数料が占める割合は大きい部分があるので、会社ごとにきちんと比較することが大切です。しかし、仲介手数料が安ければ良い会社というものでもないため、サービス内容などを含めて総合的に判断をしていくことが必要だと言えます。

2-3.会社選びで最終的な成果が違ってくる

不動産売却では取り組むべきことが多いため、初めて物件を売却するときには大変さを感じてしまう部分もあるでしょう。仲介を依頼する不動産会社の力量によっても、売却活動の進め方や得られる成果は違ってきます。

そのため、納得できる形で不動産売却を進めるには、不動産会社選びにこだわることが大切です。特に物件を売り出してから6ヶ月以上が経過している場合は、不動産会社を選び直すことも検討してみましょう。

売却活動にあまり熱心でないところよりも、積極的に提案を行ってくれる会社を選んだほうが、結果的に納得できる形で不動産を売却できるはずです。

3.不動産会社の選び方で重視すべき3つのポイント

不動産会社の選び方で重視すべき3つのポイント

複数の不動産会社から自分に合った会社を選ぶときには、ポイントを押さえて選んでいくことが大切です。重視すべき点としては次の3つが挙げられます。

  • 成約実績の有無
  • 査定額に根拠があるか
  • 担当者との相性も大事

3-1.成約実績の有無

不動産会社を選ぶときは、これまでの成約実績を確認することが大切です。過去に同じような物件の売買を成約した実績があれば、スムーズな売却につながることが期待できます。

それなりに実績のある会社であれば、ホームページやパンフレットなどで実績が公開されているはずです。他の利用者からの声や口コミなども参考にして、しっかりと実績を確認してみましょう。

3-2.査定額に根拠があるか

不動産会社と契約を結ぶ前に、査定依頼を行う場合が多いです。物件の査定を依頼すれば、査定結果を査定書という形で受け取ることになります。

査定書には物件の査定額だけでなく、計算の根拠や類似物件の情報などが記載されています。査定書に記載されている内容がきちんと根拠のあるものであるかを確認しておきましょう。

不動産会社によっては契約に結びつけるために、査定額を高めに設定している場合もありますが、実際の売り出し価格と照らし合わせて考えてみる必要があります。明確な根拠や専門性から、正しく査定が行われているかをチェックしてみましょう。

3-3.担当者との相性も大事

不動産の売却は数ヶ月にわたって取り組んでいくものであるため、仲介業務を担う不動産会社の担当者との相性も大切なポイントとなります。担当者自身の力量次第で、売却の成否にもつながる部分があるからです。

不動産に関する専門的な知識や最新情報に詳しく、売却仲介の経験が豊富な担当者が望ましいでしょう。また、親身になって質問に答えてくれたり、積極的な提案をしてくれたりする担当者であれば安心して任せられるはずです。

思うように売却が進まないときは、担当者を変更してもらったり、別の不動産会社を利用したりすることも検討してみましょう。

4.大手企業と地域密着型の企業どちらを選ぶべき?

大手企業と地域密着型の企業どちらを選ぶべき

不動産の売却を任せる不動産会社を選ぶときに、大手企業と地域密着型の企業のどちらを選ぶべきか悩んでしまうこともあるでしょう。それぞれに特徴があり、不動産売却で失敗をしないためにも、ポイントを押さえておくことが大切です。

なお、住み替えなどでなるべく早期の売却を希望している場合は、買取もしてくれる良い不動産屋ランキングも併せて参考にしてください。

4-1.大手不動産会社の特徴

大手の不動産会社は顧客数が多いのが特徴で、買い主の候補となる人の数が多いのはメリットです。全国に支店がある会社であれば、店舗間のネットワークを活用でき、多くの情報を活用して買い主を見つけることができます。

また、資金力が豊富であり、広告宣伝費に多くの予算をかけられるので集客効果に期待できます。営業エリアが広ければ、対象となる地域以外からも買い主の候補を呼び込むことができるので、スケールメリットの強みを発揮できます。

一定期間が経過しても買い主が決まらない場合、あらかじめ決めた金額で物件を買い取ってくれる買取保証サービスを行っていたり、売却後のトラブルに備えた瑕疵担保保証サービスを用意していたりするなど、中小の不動産会社では見られないサービスを行っていることもあります。サービス内容の充実度で選ぶなら、大手の不動産会社を選択してみるのも1つの方法です。

一方で、大手の不動産会社の場合は売り主と買い主の両方を多く抱えているため、両手仲介となる可能性があるでしょう。売り主にとって最適な提案ではなく、自らの顧客のなかから買い主を見つけようとする場合もあるので、囲い込みには注意が必要です。

また、担当者が複数の案件を抱えており、1つの案件あたりでかけてもらえる時間が少ない傾向があります。売却条件が難しい物件であれば、対応を後回しにされてしまう恐れがあるため、思うように売却が進まないときは不動産会社を変更することも検討してみましょう。

4-2.地域密着型の不動産会社の特徴

地域密着型の不動産会社の場合、大手ほどは顧客を抱えていないため、基本的に片手仲介で売却活動を行ってくれる可能性が高いと言えます。売り主にとって最大限の利益となるように進めてくれることが期待でき、良好な信頼関係を築きやすいでしょう。

また、長く地域で事業展開を行っているからこそ地域の事情に詳しく、独自の情報網やネットワークを築いている点も魅力があります。地域密着型の不動産会社は事業規模が小さい分だけ、熱心に売却活動に取り組んでくれる会社が多いです。

事業を行っている地域で会社の評判が悪くなれば、その後の営業活動にも支障が出てしまうため、売り主の立場に立って行動してくれるでしょう。大手の不動産会社では取り扱いづらい物件であっても、地域に根差した不動産会社であれば売却に結びつけられる可能性もあります。

一方で、地域密着型の不動産会社は大手と比べて顧客数が少なく、売却先として選べる範囲に限りがあるでしょう。また、保証サービスは大手の不動産会社ほど期待できません

また、大手のようにどのようなジャンルの物件でも取り扱うといったわけではないため、不得意な分野であれば思うように売却に結びつかないケースもあります。そのため、地域密着型の不動産会社に依頼をするときは、あらかじめ得意分野や実績をよく確認した上で、依頼すべきかどうかを判断してみましょう。

どの不動産会社が信頼できるパートナーになってくれるのか、判断は悩むところです。またなかなか売却できないときは、買取も行ってくれる不動産会社だとより安心です。買取もご検討の場合は、以下の記事も併せてご覧ください。

ランキングで紹介!信頼できる不動産買取業者10選

5.不動産会社の選び方の注意点

不動産会社の選び方の注意点

不動産会社を選ぶときに気をつけるべき点として、契約形態の違いや仲介手数料の差などが挙げられます。以下の注意点について詳しく見ていきましょう。

  • 特定の契約形態しか提案しない場合は注意
  • 仲介手数料は会社によって異なる

5-1.特定の媒介契約しか提案しない場合は注意

不動産会社に物件の仲介業務を依頼するときは、契約形態に気をつける必要があります。契約には一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類があり、以下のように特徴が異なります。

一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約
複数の不動産会社との契約 × ×
売り主が見つけた相手との取引 ×
REINSへの登録義務 任意 7日以内 5日以内
売り主への業務報告 任意 14日ごとに1回以上 7日ごとに1回以上
媒介契約の有効期間 任意 最長3ヶ月 最長3ヶ月

5-1-1.一般媒介契約

一般媒介契約は複数の不動産会社と仲介業務を契約できるのが特徴であり、他の2つに比べると自由度の高い契約形態だと言えます。売り主自身が買い主の候補を見つけたときは、不動産会社を挟まずに直接取引が行えるのが特徴です。

一方で、不動産会社は売却活動を報告する義務がなく、指定流通機構であるREINS(レインズ)への登録義務もないので思うように売却に結びつかないこともあります。しかし、いつでも好きなときに解約でき、違約金なども発生しないのでまずは一般媒介契約で様子を見てみるのも1つの方法です。

5-1-2.専任媒介契約

専任媒介契約とは契約を結べる不動産会社が1社に限定されていますが、売り主が自分で買い主を見つけることは可能です。指定流通機構への登録が義務付けられており、売り主への報告義務もあるので熱心に売却活動を進めてもらえるでしょう。

5-1-3.専属専任媒介契約

専属専任媒介契約は売り主自身が買い主を見つけて取引することはできず、契約も1社だけに限られています。専任媒介契約よりも売却活動についての報告サイクルが早く、3つのなかでは最も手厚いサポートが受けられます。

3つの契約形態を比べれば、一見して専任媒介契約や専属専任媒介契約のほうが良いように感じる部分もありますが、売却する不動産の種類や状況によって適した契約形態は異なります。例えば、築浅物件のようにすぐに買い主が見つかりそうな物件であれば、一般媒介契約でもかまいません。

逆に、売りづらい物件であれば、売却活動に熱心に取り組んでもらうために、専任媒介契約や専属専任媒介契約を選んだほうが良いでしょう。不動産会社によっては特定の契約形態しか勧めてこない場合があるので注意が必要です。

特に専任の契約形態では囲い込みが起こる可能性もあり、不動産会社が売り主にとって本当に利益となる提案をしてくれているかをよく見極めましょう。契約内容について気になる点があれば、契約時にきちんと確認することが大切です。

5-2.仲介手数料は会社によって異なる

仲介手数料は宅建業法によって、上限額が次のように決められています。

取引額 仲介手数料
200万円以下の金額 取引額の5%以内+消費税
200万円以上400万円以下の金額 取引額の4%以内+消費税
400万円を超える金額 取引額の3%以内+消費税

不動産会社に支払う仲介手数料は、不動産売却で必要になる諸費用のなかでも大きな部分を占めるので、売り主にとっては安いほうが良い面もあるでしょう。不動産会社によっては、顧客サービスの一環として仲介手数料を低めに設定しているところもあります。

しかし、仲介手数料が安いからと必ずしも良い会社とは限りません。売却活動における提案内容やこれまでの実績、担当者との相性などを総合的に判断して決めていくことが大切です。

なお、仲介手数料は物件の売買契約が成立したときに支払うものであり、不動産会社に仲介を依頼するときには発生しません。媒介契約を結ぶときに仲介手数料の金額は提示されるので、きちんと確認をしておきましょう。

6.一括査定サービスを活用して不動産会社を比較してみよう

一括査定サービスを活用して不動産会社を比較してみよう

不動産売却を成功させるには、不動産会社選びが何よりも重要です。一括査定サービスを活用するメリットや具体的なサービスについて紹介します。

6-1.一括査定サービスを活用するメリット

信頼できる不動産会社を見つけるには、複数の会社を比較することが大切です。しかし、1社ずつ査定依頼を行うのは手間や時間がかかるだけでなく、どのように比較すれば良いかが分からない部分もあるでしょう。

効率良く自分に合った不動産会社を見つけるなら、不動産の一括査定サービスを利用するのがおすすめです。Webを通じて査定依頼を行えば、一度の入力で複数の会社から査定額を知らせてもらうことができます。

大まかな物件の価値を把握したり、各社の提案内容を比較したりすることに役立つでしょう。サービスによって提携する不動産会社の数や実績などが異なるので、比較しながら利用するサービスを決めてみてください。

6-2.IELICOの特徴

IELICO」(イエリコ)は、2001年に国内で初めて不動産の一括査定サービスを開始した「不動産売却HOME4U(ホームフォーユー)」のサービスの1つです。20年以上にわたってサービスを提供していきた実績があり、累計で45万件以上の査定依頼の実績があります。

独自の審査基準で厳選した1,800社の優良企業を紹介しており、査定依頼を行うときには最大6社までを選択できます。査定依頼に必要な情報の入力は最短1分で完了でき、初めて利用する方でも簡単に操作することが可能です。

また、イエリコは情報サービス事業で業界最大手のNTTデータグループが運営を行っています。長年にわたって培ってきたセキュリティ技術によって、個人情報の取り扱いなど安心して利用できる環境を整えています。

そして、自分に合った不動産会社を見つけるために、16,000件以上の経験者の口コミが役立ちます。不動産会社の強みや特徴を把握できるので、気になる不動産会社に査定を依頼することが可能です。

不動産の売却を考えるときには、「IELICO」を活用して信頼できる不動産会社を見つけてみましょう。

7.まとめ

不動産売却では、しっかりと対応してくれる不動産会社を選ぶことがとても大切です。丁寧に質問に答えてくれたり、熱心な提案をしてくれたりする会社を選べば、安心して不動産の売却を進められるでしょう。自分に合った不動産会社を見つけるには、複数の会社を比較することが大事です。不動産の一括査定サービスを利用して、それぞれの会社の強みや実績を踏まえた上で、良い提案をしてくれる会社を選んでみましょう。

この記事のポイント まとめ

1.信頼できる不動産会社の選び方は?

信頼できる不動産会社の選び方は、次の2つです。

  • 複数の不動産会社の提案を比較して信頼できる会社を選ぶ
  • 売りたい物件の売却に強い不動産会社を選ぶ

詳しくは1章「信頼できる不動産会社の選び方は?」をご覧ください。

2.不動産売却で不動産会社選びが大事な理由は?

不動産売却において、不動産会社選びが大事な理由は下記の3点です。

  • Webだけで得られない情報やアドバイスを受けられる。
  • 仲介手数料が会社によって異なる。
  • 会社選びで最終的な成果が違ってくる。

詳しくは2章「不動産売却で不動産会社選びが重要な理由」をご覧ください。

3.不動産会社の選び方で重視すべき3つのポイント

不動産会社を選ぶ際は、次の3つのポイントをおさえて選びましょう。

  • 成約実績の有無
  • 査定額に根拠があるか
  • 担当者との相性も大事

詳しくは3章「不動産会社の選び方で重視すべき3つのポイント」をご覧ください。

この記事の編集者

IELICO編集部

家を利口に売るための情報サイト「IELICO(イエリコ)」編集部です。家を賢く売りたい方に向けて、不動産売却の流れ、税金・費用などの情報をわかりやすくお伝えします。掲載記事は不動産鑑定士・宅地建物取引士などの不動産専門家による執筆、監修を行っています。

運営会社情報(NTTデータスマートソーシング)

       

メディア 運営者情報

家を利口に売るための情報サイト「IELICO(イエリコ)」編集部です。

運営会社についてはこちら

カンタン1分入力

最大6社にまとめて 売却査定依頼

都道府県が選択されていません。

市区町村が選択されていません。

             

不動産売却は会社の選び方で決まる!大事な3つのポイント

不動産売却において物件の価値そのものは大事な要素ですが、それ以上に不動産会社の選び方が重要なポイントになります。利用者の立場に寄り添って、積極的な提案を行ってくれる会社であれば、売却活動をスムーズに進めることができるでしょう。今回は、不動産会社を選ぶ上で大事なポイントを紹介します。